血糖値が気になりだした人々の健康に適したカテキン

※血圧のお薬を飲んでいる方必見!お茶を飲むだけで血糖値対策ができちゃう緑茶習慣試してみる?

血糖値が気になりだした人々の健康に適したカテキン

緑茶は、2型糖尿病を防ぐカテキンが含まれている事で知られています。生活習慣病の中でも、発症する人が多い2型糖尿病は、カテキンが豊富に含まれている緑茶を飲む事によって、発症する確率が3割から4割下がるとされています。

 

 

その為、健康を維持する為に、緑茶を日常的に飲んでいく事は重要です。カテキンには、消化酵素の働きを低下させる作用がありますので、これを利用して消化に時間をかける事によって、食後における血糖値の上昇を抑える事が可能です。

 

 

2型糖尿病にならないようにするには、血糖値の上昇を抑えるといった事が大切ですので、血糖値をコントロールする目的で緑茶を飲んでいくのも良いでしょう。カテキンは、食事の時に同時に摂取をしていく事で、内臓脂肪によって肥大化した脂肪細胞から分泌される物質であるアディポネクチンによるインスリンの血糖値を下げる働きを阻害してしまう作用を防ぐ事ができ、肥満の予防や改善に対する効果が期待されます。

 

 

なぜなら、食事の際にカテキンを摂取する事で、脂肪が体に吸収されるスピードが遅くなるからです。血圧を調整する作用や体の老化を防ぐ作用などがありますので、血糖値のコントロールだけでなく、生活習慣病に繋がる多くの要素に対して、カテキンは効果的に作用する事が期待出来ます。

 

 

カテキンをいつ摂取すれば、その効果を最大限に享受出来るのでしょうか。血糖値を下げるという目的であれば、食事前や食事中が最も良いタイミングです。このタイミングで飲む事によって、カテキンが消化酵素やアディポネクチンといった血糖値の上昇要因や肥満の原因を抑える事が出来ます。

 

 

こういった原因で血糖値が過度に上昇したり、肥満に繋がったりした場合に、有酸素運動などで解消するのはなかなか難しくなってきますので、カテキンで予防出来るのであれば、緑茶を飲むといった習慣を身につけておく事は今後の健康を維持していく上で有効な手段となります。

血糖値が気になりだした人々の健康に適したカテキン